6日目 古河駅から藤岡駅 〜三県境を見に行く

季節はとんで10月2日。8月は熱くてやられており、9月は出雲大社へ参拝に行き時間がとれなかったため、気づいたら10月になってしまった。

天気は晴れ。気温は8月、9月ほどではないが30度近くあった。

この日は向かいたい場所があった。その名も「三県境
普通、県境と言うと、山だったり川の上だったり、人間が行くには辛い場所が多い。
しかし、そこは平地にあり「群馬県」「埼玉県」「栃木県」が一気に味わえちゃう、素晴らしい場所だ。
(古河は「茨城県」なので、この日は4つの県をまたぐことになる)

開始時間は10時くらい。ここから、古い街を抜けて、渡良瀬遊水地へ向かう。

途中、篆刻美術館というのがあったので、入場料200円を払い入ってしまった。
建物自体も文化財だが、中には素敵な庭と、篆刻の数々。。。

漢文などが掘られた篆刻が沢山飾られていた!が、自分には残念ながら見る目はなかった。
こういったのを嗜む文化もあるということを理解した。

そして、前回とは別の橋を使い、利根川を越え再び埼玉県へ入る。ただいま。

さらに歩いて、古河から2時間ほどで (篆刻博物館に入ってしまったので、ストレートに行けば 1時間と30分くらいでつくと思う。)
3県境に到着。
ご親切にも、看板が立ってるので、3つの県を高速で行ったり来たりしよう。

旅の記録をのこそう!というノートも置いたあるので、記録しておいた。

これで、栃木県入りだ。前回の仙台までの旅ではさんざん自分を苦しめてきた
栃木県だが、こんかいは栃木県で終わるということで、気楽さはある。

その近くには、「道の駅きたかわべ」もあるので、観光にも便利な「3県境」なかなかオススメである。
この付近の名物だと思われる、「大根そば」をいただく。大根を薄く麺状に切ったそばが出て来る。
味は普通。(写真は撮り忘れた。)

ここには、観光センターや河川かなにかの管理事務所もあり、なぜ3県境が平地に中途半端な場所にあるのか
という疑問の回答を示してくれる。

元々、3県境地点は川だったらしい。それが、川の調整事業などによって平地になった結果
県境が平地になってしまったとのことだ。とか書いてあったと思うけど、正しい答えは君の目で確かめよう!

そこからすぐの場所に、やたらでかい「渡良瀬遊水地」がある。ハート型也。
休日は、家族連れで賑わっている。自然保護区域なのか、トイレがバイオトイレだったりした。

事前調査では、ここの中を通り過ぎてその先にある東武の駅に向かう。という作戦を立てていたので
それに従うことにした。

そこに広がっていたのは、大自然だった。家族連れで賑わっていたのは、南側で北側のほうは人が全くいない
状態だった。街ではなく、自然公園の中なので自動販売機やコンビニがない状態が10km続いた。

結論としては、渡良瀬遊水地を徒歩で通過するのは、よっぽどの覚悟がいる。

あと毛虫だらけだった。

遊水地に入ってから2時間ほどかけてようやくコンビニや駅が見つかった。東武日光線藤岡駅に到着。

寄り道などもしたため、5時間ほどかけているのにもかかわらず、22.02km, 26,676歩しか進んでいない。
その割には、この旅1番の疲労度で、遊水地を甘く見ていたとしか言いようがない。
平井から116.63km (140,407歩)

続きがやっぱり長くなったので続く

Leave a reply

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>