このブログが、ワークショップのレビュー場になりつつある大原部長です。
(ほんとうは、もっと翻訳とかオープンソースネタを晒したいんだお。
とかいうと、どうでもいいことはポストしてんじゃねーか。と言われそうなのでオフレコで)

昨日、 TDD BC Tokyo 1.6 が開催されました。
和田さんの素晴らしい講演や、Java初心者 (3ヶ月程度) で 挑んだペアプロなどなど
非常に熱いものでした。

とぎゃったーがあるので、全体的なまとめはこちらをどうぞ。

気づき

  • 仮実装をやる意味: 仮実装完了時点でレッドならば、テストの方が間違っているかもしれない。テストをテストする必要。
  • テストもリファクタリングが必要
  • リファクタリングも一歩ずつ着実に
  • 気づくことが大事。
  • テストのために機能が必要になったら実装することも必要。
  • TDDは「かもしれない運転」と考えた。だとしたら、TDDのない開発は暴走した自動車と一緒だ。

振り返り

毎回、このようなイベントでは全体でKPTを行っていますが、個人的にもKPTをやろうと思ったわけです。
最近は、自分自身のOJTでもKPTが十分ハナシのネタになるので、KPTはわかりやすく素晴らしいフレームワークだと思います。

Keep

  • すばらしいイベントに参加できた。
  • ちゃんとブログ書いた。
  • t_wadaさんとお話できた。
  • 普段Javaを触っている人たちとペアプロ・お話することができた。

Problem

  • バージョン管理するべきだった。Gitを使いたかったが、Eclipse用の環境を当日揃えた上に、使い方がよく分からなかった。
  • 道具の整備不足。Eclipseのショートカットとかその日に覚えたのが結構多い。
  • 他の言語との触れ合いは少なかったかも。同じ言語でも、Groovy という興味深いものを目の前にしていたが、触れることは当日はできなかった。

Try

  • Acts as Professional
  • 社内でのTDD布教 → まずはチーム内勉強会などで共有などなど。
  • Groovy 興味持った。やる。
  • Githubでソースコードの公開。(Subversionでは公開済)
  • 本読もう。みんなで読もう

Leave a reply

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>